土地売却の方法

不動産業を営んでいるのでなれければ、土地売却の機会は一生に一度くらいでしょう。

その時になって慌てないですむように、一緒に土地売却の方法を見ていきませんか?

土地売却には大きくわけて7つの工程があります。

  1. 売却する土地の情報を集める。
  2. 土地の適正価格を調査する。
  3. 信頼できる不動産会社へ土地の売却を依頼する。
  4. 不動産会社と媒介契約の締結する。
  5. 不動産会社による売却活動をしてもらう。
  6. 土地の売買契約の締結する。
  7. 土地の引き渡しと代金の授受する、

土地を楽に売却したい方必見!知るべき土地売買の流れと10の基礎知識

特に、土地売却を自身でやるにせよ、不動産会社というプロに頼むにせよ、売却する土地の性格、性質について調べておくことは大切です。

例えば、土地は住居専用地域なのかそれとも商業地域に入るのか。あまりあり得ることではありませんが、念のために「市街化調整区域」でないことも確認しておきましょう。
もし「市街化調整区域」に指定されていた場合は、思い切った値下げを覚悟してください。

 

適正価格を把握した上で不動産会社に依頼を

売却する土地の情報を集めたら、次はその土地の適正価格を調べます。

調べるには「国土交通省地価公示」で大まかな土地の価格を調べる方法と「不動産取引価格情報検索」で実際に取引された土地の価格を調べる方法、「全国地価マップ」で調べる方法などがあります。

また、同じエリア内で土地の売買を手がけている複数の不動産会社へ土地価格の査定を依頼することも、適正価格を調査するうえでは重要です。複数から情報を得ることで、信頼できる不動産会社を見つけることもできます。あなたが売却する土地の適正価格や情報を理解していれば、不動産会社の選定作業はより容易になります。
信頼できる不動産会社が見つかれば、「媒介契約」を締結しましょう。契約が無事終われば、後は不動産会社による売却活動を見守ります。不動産会社に任せっきりにせず、定期的に状況を確認しましょう。

その後購入者が見つかれば、後は土地の売買契約の締結をし、代金を受け取って土地を引き渡して完了です。