税理士に依頼

税理士に依頼

土地売却をしたなら、譲渡損失や譲渡利益のいずれかが必ずあります。

その譲渡損失や譲渡利益に対して税金の優遇を受けるために行うのが、「確定申告」です。
確定申告をすれば、土地売却で損失が出てしまった場合、譲渡損失に対して損益通算及び繰越控除を利用することで、4年間の税金還付を受ける事ができます。また、土地売却で譲渡利益が出た場合でも、居住用不動産の場合は「居住用財産の3000万円の特別控除」を利用すれば、3,000万円までの譲渡利益には税金がかかりません。
ただし、このような特例を受けるには必ず確定申告する必要があります。しかも、一般的な確定申告ではなく、不動産売却に関する確定申告になります。
確定申告に添付する書類はたくさんあります。

自分で税務署へ行って確定申告をする事は可能ですが、市役所へ行ったり、法務局へ行ったりして書類をそろえる必要があり、素人にはなかなか難しく税理士に依頼するのがおすすめです。

費用の相場は5~10万円

土地売却をした際の確定申告は、失敗しないためにも税理士に依頼することをおすすめします。

E-TAXなどを使って比較的簡単にできる通常の確定申告と違い、不動産売却に関する確定申告は色んな書類を用意し、平日に市役所や法務局に行く必要があります。その時間や手間を考えれば、プロに一任したほうがお得です。
では、土地売却の確定申告を税理士に依頼する場合は、いくらくらいかかるのでしょうか?
依頼する税理士事務所にもよりますが、確定申告の費用の相場は「5~10万円」です。費用だけを見ると少し高く感じてしまうかもしれませんが、何日間も仕事を休んで、書類不備がないか、ミスをしていないかと言う心配をするよりも、専門家に依頼した方が安心です。

また、税理士に依頼する場合は、まずは知人に税理士がいないか確認しましょう。知人や身内に税理士がいない場合は、税理士紹介エージェント等を活用して探してみましょう。

税理士紹介エージェントの利用は「完全無料」なので安心です。