費用相場

土地売却の費用相場

土地売却をする場合、一般費用と税金がかかります。

この項では、そのうちの三つの一般費用について詳細にご説明したいと思います。

土地売却の費用の一つ目。それは仲介手数料です。仲介手数料とは、土地売却の仲介を依頼する不動産会社に支払う手数料のことです。土地売却は、不動産業者に依頼して買主を見つけてもらうことが一般的なため、ほとんどのケースで発生する費用と言えます。
仲介手数料には、「(売却額×3%+6万円)+ 消費税 」という上限が設けられています。業者によって多少の差はありますが、上限額いっぱいの仲介手数料を取っているところがほとんどです。またこの金額はあくまで上限ですから、業者との交渉次第で値下げも可能です。

しかし、不動産会社の収益はこの仲介手数料によって成り立っているため、値下げばかりにこだわるとサービスの品質が低下するリスクがあるだけでなく、トラブルのもとになる可能性があるため注意しましょう。

測量費用や司法書士への依頼費用も

もし売却する土地にローンが残っているなら、「抵当権抹消」という手続きが必要です。抵当権抹消登記の登録免許税は、不動産1件つき1,000円です。土地のみなら1,000円ですが、土地と建物を別個に数える場合は、2,000円の費用が発生します。

抵当権の抹消についても、所有権移転登記と同じく印鑑証明書や住民票などさまざまな書類を用意する必要があります。 手続きが煩雑なため、所有権移転登記と一緒に司法書士に依頼することが一般的です。司法書士への依頼費用は1万円程度が目安です。なお、抵当権抹消費用は土地の譲渡費用には含まれません。譲渡所得税・住民税を計算する際は注意してください。

また、売却する土地について、隣の土地の境界があいまいな場合は測量を行ってその面積を明確にする必要があります。測量費用はその土地の広さによって異なりますが、35~45万円程度が相場。測量費用は売主負担と決まっているわけではありませんが、売主が支払うことが一般的です。