土壌調査と土壌浄化

土壌調査後の土壌浄化作業について

土壌浄化作業とは

工場跡地や有害物質を扱っていた可能性のあるような施設の跡地を新たに使用する場合、その土壌に問題がないかどうかを調べ、なんらかの汚染がある場合には土壌浄化を行なう必要があります。

土壌調査はとかくお金がかかるものですが、汚染部分を絞り込んでから浄化工事を行なえば効率よく作業を行なうことが可能です。

土壌浄化作業の流れ

土壌調査横浜を行なった後に行なわれる土壌浄化工事では、行政との協議のうえで揮発性有害物質や重金属類、また農薬をはじめとする特定有害物質などを除去するため、土壌ガス吸引法や掘削除去といった浄化作業が行なわれます。

これらの土壌浄化作業には、行政と発注者との間で定期的な打ち合わせと進捗報告を行ないながら実施されます。すべての土壌浄化工事が完了したあとも、必要とあれば安全性を確かめるためのモニタリングが実施され、完了報告書が作成されます。とまあ、このような流れがわかったところで、実際の土地の面積や状況によって行なわれる作業規模は変わってくるでしょうから、まずは一度無料の見積もりを依頼してみましょう。

解体工事や土壌調査を行なう株式会社カシマでは、経験豊かな専門技術担当者が土壌調査や浄化について丁寧に対応してくれることでしょう。